フィンペシアの正しい飲み方、服用の注意点

グラスに入った水
フィンペシアは抜け毛や薄毛といったAGAの症状に大変有効な治療薬です。

効果を実感するには、正しい飲み方で摂取する事が大切。
そして服用する際にも注意点がありますので、フィンペシアを利用する前にこれらもしっかりと押さえておきましょう。

フィンペシアの服用方法

ペットボトルの水を飲む男
フィンペシアは1日1mg1錠を水かぬるま湯で服用します。

フィンペシアを服用する上で大切なのが、毎日なるべく同じ時間に摂取するという事です。
そして、服用は必ず継続させましょう。

フィンペシアを飲んだからといってすぐに効果が現れるわけではありません。効果を実感するには最低でも半年以上の継続が必要です。

フィンペシアはどれくらいで効果が現れる?

服用する時間帯は?

服用する時間帯に関しての決まりはありませんが、薬の主成分であるフィナステリドの量を一定に保つ事が望ましいです。

ですから1日のうちで絶対に服用を忘れない時間帯で摂取してください。
服用間隔をできるだけ24時間に保つ事が効果を実感しやすくなるためのコツです。

フィンペシアの注意点

ばってんを作るおこと

フィンペシアを服用する際に気をつけて欲しい注意点があります。なかにはとても危険なものもありますので、購入する前にしっかりと目を通しておいてください。

薬の服用前後に飲酒はしない

フィンペシアの主成分フィナステリドは肝臓で分解されます。アルコールも肝臓で分解されるため、服用前後に飲酒をしてしまうと肝臓に負担をかける事に。フィンペシアは毎日継続して服用しなければなりませんが、もし服用時間前後に飲酒してしまった場合は服用は避けましょう。

グレープフルーツ禁止

グレープフルーツの成分はフィナステリドの副作用の症状を高めてしまうリスクがあります。フィナステリドは24時間効果が続きますので、フィンペシアを服用している間はグレープフルーツやその成分が入った製品(ジュースなど)の摂取はしないでください。

女性は服用しない、触れてはいけない

女性はフィンペシアを服用する事ができないばかりか、触れてもいけません。
女性がこの薬を摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。とくに妊娠中や授乳中の女性は細心の注意を払ってください。なぜならフィナステリドは胎児や乳児の生殖器官の発達に悪影響を及ぼしてしまうからです。これは女性が服用するだけでなく、触れるだけで皮膚が成分を吸収してしますため危険です。
フィンペシアを所持している時点で、決して女性が触れないように徹底して管理する必要があります。

服用中は献血禁止

フィンペシアを服用している時は献血をする事ができません。もし妊婦がフィンペシアを服用している男性の血液から輸血を受けた場合も、胎児の生殖器の発達に重篤な異常を及ぼす可能性があります。

フィンペシアを服用する際は以上の事を踏まえた上で使用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする